前へ
次へ

労働相談で増加をしていること

労働トラブルは次から次へと新しい事案が発生します。今までにはなかったことも労働トラブルとして取り上げられるようになりました。報道もされますが、自分が同じようなことを行っていても加害者にはその意識がない、というのも問題になっています。労働相談を行ってどうするべきかアドバイスを受けることも大切ですが、労働相談を受けて実例をチェックして、同じようなトラブルが起きないようにすることも大切になってきます。昔は当たり前だったことも今はパワハラと認定されています。被害者がパワハラだと感じたらその時点でパワハラは成立します。加害者に自覚がない場合が多いので、企業側でもキチンとした指導を行うべきです。実例を出すことによって、労働トラブルの可能性を考える時間を与えることになるので、社員全員に教育を受けさせるということも必要です。場合によっては訴訟問題に発展することもありますし、何より被害者の心を傷つけることになるので、正しい解決ができるように企業側も配慮をする必要があります。

Page Top