前へ
次へ

労働相談で対応できること

労働トラブルには様々な種類のものがあります。突然解雇をされた、パワハラに遭った、残業代の不払いが生じている、労働条件が告知されているものとは異なっていた、ということからいじめや嫌がらせまで様々です。いじめや嫌がらせに関しては罪に問われないと考えている加害者は多いですが、実際には労働相談の対象にもなっています。加害者にいじめや嫌がらせを行っているという認識がない、という場合もあります。周りに相談をすることができないという人も多いので、そのままでは悩みは一向に改善をすることがありません。そこで労働相談を行っている窓口を利用する、ということになります。労働局など公的機関でも行っていますが、ハラスメントの相談の場合など企業側に相談者が分かってしまうと困る場合には、公的機関への相談は避けたいと考えるでしょう。今は民間の相談窓口もあるので、相談をしたことが分からないようにしたい場合には、民間の窓口を利用するとよいでしょう。

Page Top