前へ
次へ

外部の労働相談を利用しよう

ハラスメントなどの労働トラブルに対して、社員教育をしっかりと行っている企業であれば、労働相談を行う際に内部の専門部署を設けていることもありますが、外部にも専用の窓口を持っているところもあります。内部の専門部署であれば、相談をすることが難しいという場合も十分考えることができます。実際に労働相談を行っても調査もせずに、ありえない話だ、嘘をつくな、話を勝手に作っている、と被害者を更に苦しめるようなことを言ってくる企業もあります。そうなると誰にも労働相談を行うことができないということになってしまいます。企業とは距離を置いた外部の窓口であれば、内部の事情も多少は把握をしているので、相談しやすいということもあるでしょう。悩んでいるのであれば、出来るだけ早めに対処をするべきです。証拠もつかむことができるのであれば、残しておくべきでしょう。真摯に対応をしてくれるところに相談をして、再発防止なども検討する必要があります。

Page Top