前へ
次へ

弁護士に労働相談を行う場合

労働相談を行う窓口として予想出来るのが弁護士でしょう。確かに法律のプロなので相談をすると心強いかもし

more

【労働相談】業務委託契約について

現在業務委託契約にて仕事をしています。さて、労働相談になりますが、長年その仕事を請負っていると、どう

more

労働相談で増加をしていること

労働トラブルは次から次へと新しい事案が発生します。今までにはなかったことも労働トラブルとして取り上げ

more

労働相談で悩みを減らせます

労働相談は労働者の方が職場で抱えている不安や不満等を解決する際に役立ちます。人間関係も素晴らしく、毎日が充実した労働ができていれば、基本的には身体も精神も健康的な状態が続きますが、劣悪な職場環境ですと、身体が不調になってしまいます。職場で起きる問題は様々ありますが、人間関係であれば上司や同僚等からのパワハラやセクハラは大きな問題です。パワハラは基本的には上司等の職場での立場の違いを利用して、言葉で圧迫をしたり、最悪のケースですと肉体的な暴力行為もありますので、労働相談で適切な指導を受ける必要があります。セクハラは多くの場合は女性が男性から性的な事を言葉で言われたりして問題になりますが、女性の上司が男性の部下に恋人の有無等をしつこく聞いたりする事もセクハラに該当する事があります。ハラスメントの類で、言葉で問題が起きた場合は、被害者と加害者で意見の相違が起きる事もあるので、問題の解決が難しいです。しかし肉体的な接触等がある場合は、明らかに加害者側もハラスメントを理解している可能性が高いので、裁判で争えば、しっかり賠償金を受け取れる事が考えられます。しかし被害者の方に法的な知識等がない場合は、泣き寝入りで終わってしまうリスクもありますから、その為にもプロに相談をする事が大切になります。ハラスメントで被害者になっている時に、脅迫や身体へのダメージがある場合は、警察に相談した方が問題の解決が簡単なケースもあります。冷静に考えてみれば、暴力や脅迫行為は犯罪に該当しますから、被害が深刻な時は警察を頼る事が重要です。暴力等はないが、働いた分の給料を受け取れない時も、労働相談する事が大切になってきます。労働者は労働時間を会社側に提供しているので、その対価として給料を受け取る権利がありますから、会社側の勝手な判断で給料を出さないのは、違法行為です。残業代も同じで、残業しているのにその分の残業代が出ない時は、積極的に相談した方がいいです。

病院清掃会社ダイキチカバーオールはマンション清掃も行います
清掃のエキスパートが病院レベルの清掃を行い、お客様の生活空間をきれいにします。

日常清掃と定期清掃を提供している清掃会社
日常清掃と定期清掃を組み合わせることでお客様が楽しくなるようなキレイな環境を作ります。

高品質で安心の清掃サービスを提供
ダイキチカバーオールの清掃作業に用いられるバリア24plusは人間に安全な除菌剤で持続性や即効性等優れた効果が7つあります。

Page Top